なんだか腹が立ってきた


昨日、Facebookに投稿したものをこちらにも。

--

普段、ほとんどテレビは見ないけれど、うっかり7時のニュースを見たら、まぁ想像通りにコロナウイルスの話題ばかり…。

卒業式が中止になった学校が多いせいで、お花の売り上げも落ちているというニュースを見て悲しい気持ちになった…。

せっかく生産者さん達が手塩に掛けて育てたお花が…。

産業医先でも気持ちの落ち込みを訴える人が増えている気がする…。

週末なのに閑散としている飲食店を見るにつけ、このままじゃ日本はウイルスのせいではなく、人々の恐れ、不安、過度の自粛で想像以上のダメージを受けるのではないかという気がしてくる。

あんなに繰り返し気持ちが暗くなるニュースばかりひたすら流すことで誰が得してるの⁉️

臨床や行政の現場でがんばっている仲間達がいるし、「私は今は臨床やってないから…」といういつもの謎の自主規制をして、あまりコロナウイルスのことは書かないようにしてきた。

でもなんだかそうやっていつも自主規制したり、自分に検閲を入れている自分に対して腹が立ってきた。

よく考えるとコロナウイルスって「風邪」のウイルスなんだよね?

「新型」という枕詞がついているから、なんとなくスーパーサイヤ人的な(古いw)ものすごく怖いウイルスと思わされているけれど、よくある風邪のような症状だけでよくなっちゃう人もかなり多いんだよね?

PCRをしないと確定診断ができないから、コロナの診断がついていなくても感染していて、自然に良くなっている人もかなりいそうだよね?

基本再生算数(1人の感染症患者から何人に感染させるか)は季節性インフルエンザと同じぐらいと言われていて麻疹や風疹なんかよりも感染力は低いんだよね?

新しいウイルスだからワクチンがないっていうけど、季節性インフルエンザのワクチンだって流行しているウイルスと型が合わないことも珍しくないよね?

コロナウイルスにかからないようにすることも大切だけれど、インフルエンザみたいに必ずしも高熱が出るわけではなくて、軽い風邪症状で済むのならむしろ早めに感染して免疫がつけた方がいいのでは?と考えるのは乱暴すぎるかな?

たしかに重症の肺炎になるのは怖いけれど、ニュースにならないだけで、毎年、インフルエンザや他のウイルスで肺炎になっている人もいるよね?

今年はコロナウイルス対策のおかげかインフルエンザの患者さんは少ないみたいなので、インフルエンザが重症化する人も結果的に少なくなるんじゃないのかな?

…と考えていると、コロナウイルスは対応する余地のない強力なウイルスでもなさそうなのに、人々の動きが止まることによる日本経済の落ち込みの方が長期的にみると影響が大きい気がして、先行きが心配になる。

産業医先でも売上の低下からメンタル不調になる人が増えていくんじゃないかということが懸念される。

中小企業ではすでに倒産も始まっている。

だから、こまめに手洗いをする、密閉された人口密度の高い空間に長時間いないようにする、しっかり睡眠を取る、みたいな最低限の自衛策をした上で、できるだけ普通の生活をして社会を、経済を回していくようにしないと、日本はマジでヤバくなっちゃうんじゃないの!?と、閑散とした今週の町並みを見ていて感じた。

明日は絶対にお花を買いに行こう!!

写真は去年の卒業式の時にPTAで準備したお花。

今年の卒業式は児童と保護者だけしか出席できないことになってしまったけれど、キレイなお花はしっかり準備して卒業生の旅立ちをお祝いしたい。

20190315_150353.jpg

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)