最近、がんばらなくていいってよく聞きますが、ホントですか?

ウエタニミレイです。

今日はこんな内容でブログを書こう♪と考えながらFacebookをひらいてみると、
お友達が先にこんな記事を上げていました。

以前の私だったら、こういう時にどんな感情が浮かんだかは
先日の記事に書いた通りです。

もちろん今日は、世界はどんどん良くなっていっている♡と感じましたよ。

それで、ここからが今日の本題。

最近、特にネット上では
がんばらくていい、とか
がんばるのはやめよう、とかって
よく聞くと思いませんか?

私は産業医をしていますので、
世の中のはたらく皆さんが、
いつも限界までがんばって仕事しているのを
ヒリヒリするぐらいに実感しています。

私も長らく熱心ながんばり教の信者をしていましたので、
がんばること、勤勉なことはよいことだ、
評価されるべきことだと思い込んでいました。

学生時代まではなんとか力技でがんばることで、
苦手なことでも時間を掛けてねばり強く取り組むことで、
たくさんのことを切り抜けてきたのですが、
社会に出ると力技だけではどうにも対応できないことが次々に登場します。

私が痛烈に「がんばるだけじゃダメなのだ」
「がんばるということは、ある意味、思考停止している状態なのだ」
と感じたのは、以前、一緒にはたらいていた対照的なふたりを観察していた時のことです。

猛烈ながんばり屋さんのAさんはなんでも力技でやっつけようとする人。
Excelで計算する時に、なんと画面上で項目を数えて手計算でやっていました。
様子を聞いてみると「数式とかよく分からないから」とのこと。
とにかく時間をかけて仕事をする人で、いつも遅くまで残業していました。

一方のBさんは、一見、がんばり屋さんにはほど遠く見える人。
とにかく何でもめんどくさがり、簡単にできる方法をまずは追い求める人でした。
もちろんExcelの計算でも、いきなり計算にとりかからず
数式を研究するところから始めます。
最初は時間がかかるように思えるのですが、
数式を操れるようになると、当然、手計算より結果が出るのが早いのです。

このように対照的なふたりを観察するにつけ、
若かりし頃の私は
単にがんばることは思考停止しているのと同じことだ
と確信しました。

…そんな風に確信したにも関わらず、
本質的なところではがんばり教から脱退しきれていなかったワタクシ。

がんばることの悪影響を再度、痛感させられる出来事が起こります。

何も考えないで、ただがんばる、ということはなくなったものの、
効率や生産性を考えて、できるだけラクできるように頭を使うのですが、
基本的なスタンスとしては、がんばり屋さん状態は変わっていなかったのです。

できるだけラクできる方法はないか、ということを第一に、
効率や生産性を頭に置いてあらゆることに取り組みますので、
自分でいうのもなんですが、けっこうパフォーマンスが高い方だったと思います。

でもね、私だって人間なんです。
ロボットではなかったようです。

どんどんと仕事を抱え込んでいくうちに、
キャパシティをオーバーしてしまい、
ある時、目の前が真っ暗になって、パタッと文字通りに倒れました。

そういう経験をして、色々と考えて気づいたこと。
何も考えないで、がんばることは思考停止しているのと同じなだけではないのです。

がんばらなきゃ、成長しなきゃ、と常に自分を駆り立てているということは、
つまり裏を返せば、現在の自分ではダメだ、だから自分はもっとがんばらなければならない、
自分はもっと成長しなければならない、というメッセージを
絶えず自分に送り続けているということでもあるのです。

これ、自分に対するダメージがものすごく大きいのです。
現在の自分にダメ出しをして、現状否定をして、
そこから自分を叱咤激励して「がんばろう!」「成長しよう!」と駆り立てるワケですから、
多大なエネルギーも使います。

常に前ばかり、未来ばかりに意識が向いている状態なので、
今、この瞬間に生きている自分が本物でないような、
自分の中に居場所がないような感覚になります。

このメカニズムに気づいた私は、
「がんばろう」「成長しよう」とすることをやめました。

…と、文字で書くとあっさりしているように思えますが、
実際には三歩進んで二歩下がる、のように
現在進行形で進めているプロジェクトです。
でも、以前よりはがんばらないで生きていける自分になっているのを感じます。

ムリにがんばろうとしなくても、大丈夫なのです。
あなたは自然にできます。
成長しなきゃと思わなくても、大丈夫なのです。
自然にいつの間にか成長しています。

だからね、
がんばらなきゃ、成長しなきゃ、と常に自分を駆り立てているということは、
つまり裏を返せば、現在の自分ではダメだ、だから自分はもっとがんばらなければならない、
自分はもっと成長しなければならない、というメッセージを
絶えず自分に送り続けているということでもある
ので、
がんばらなくていいよ~というのは、私も本当だと考えています。

え? がんばるのをやめたら、どうやって生きていけばいいか分からない!というあなた。

がんばるのをやめて、どうするのかは別の機会に書きますね(*^_^*)

3 COMMENTS

マダム・グラハン・洋子

ミレイさん 今日の内容
つきささるね~

寝るのを惜しんで
人の寝ている時間にこそ
ガンバル
努力する

それがあっての今のポジション
それなくして、今日の環境は得られなかった

その勤勉思考に納得していたから「頑張る教」に口をはさむ人はいなかったんですよね

さぁ、ミレイさん
どう、思いを書かれるのかな

気持が行きつ・戻りつしている私も興味深いです。

ありがとう

返信する
マダム・グラハン・洋子

ミレイ様 おはようございます。

気長に待っていますね
考えるタネをありがとう

ところで、今朝のNHKテレビ(あさいちのゲスト)
う~~む。誰かに似てるな~
あっそうだ!ミレイさんだ!!
って、ゲストだれ?って話だけど
それはね~
あのね~
ふふふ
DEAN FUJIOKAさんです。

目元と笑った時の歯並び
言われませんか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)