改めましてご挨拶

たんぽぽ

こんにちは。
上谷実礼です。

連休前にブログのお引越しを済ませてから初めての投稿です。

“はたらく人にこころの学びを”をテーマに産業医/研修講師/心理カウンセラーとして活動しており、月例勉強会「自分らしく生きるレッスン」を主宰しています。

ブログには10年以上前から挑戦しているのですが、アメブロで書き始めて挫折し…。
気持ちも新たに2015年頃からfc2さんで書き始めて、マイペースに更新し、2回のリニューアルを経て、先日、こちらのブログにお引越ししてきました。

同時並行で会社HPにもコラムを書こうと挑戦したこともあるのですが、こちらもなかなか続かず…。

ここ数年はfc2ブログとFacebookを中心に、好きに書き綴ってきました。
どこかのタイミングでブログを会社HPに統合させたいな、という想いは長らく持っていたのですが、気持ち的に抵抗があってなかなか実行できませんでした。

どんな抵抗かと言うと…
私は長らく仕事用の自分、プライベートの自分、母としての自分…というようにいくつもの仮面を使い分けてきたのですね。
ですから、仕事モードの時はこんな風な文体で読んでくれる人のためになるようなことを書かなきゃとか、
あまりに自分をさらけ出して書いた文章を仕事関係の人に読まれたらどう思われるかなとか、
私の立場でこんなこと書いちゃっていいのかなとか、
自分にいくつもの制限を掛けてがんじがらめになってしまっていたのですね。

The 自縄自縛。

他の人はどうか分からないのですが、私は頭で考えると文章が書けません。
だいたいはリラックスしている時にフッと文章が降りてくるので、それをそのままに書きます。
スラスラと書けるので、時間もあまり掛かりません。
でも、自分にいくつもの制限を掛けていると、その時に書きたいこと、降りて来た文章ではなく、
「こうあるべき」みたいな形に向けて書くので、全然、筆が進みません。
(実際はキーボードですが)
結果、ブログを書くのも億劫になり何度も挫折してきたという始末。

--

でもね、もうそんなことを言っている場合ではありません!
時代は、社会はものすごいスピードで変容しつつあります。
今回のコロナウイルス騒動で、変容のスピードは加速しています。

自分以外の誰かになろうとするのではなく、本来の自分自身に戻っていくこと。
自分の外側に答えを探そうとするのではなく、自分の内側に意識を集中して内なる声に耳をすませること。
理性と感性を統合させること。
自分の内側のはばたきを感じて、自らの翼を広げ自由になること。
自然や地球からのメッセージを受け取れるように直感を研ぎ澄ませること。

そんなメッセージを伝えていきたいと思っているのに、人からどう思われるかな、などと自分に制限を掛けている場合ではありません。

…なんてことを書いていると、たった今、私を応援してくれている仲間から唐突にメッセージが。
そこにはこんなことが書いてありました。

「自分の道は自分の足で切り開く。固定観念をぶっ壊して自信を持ってミレイちゃんの道を切り開いてくださいね。陰ながら見守っていますね」
(いつも写真のような感じのユニークなメッセージをくれる仲間なんです♪)

何、これw
どうしてこのタイミングでこのメッセージが来るの!?

--

ちょっとくじけそうなモードに入ってしまうとき、
クライアントさんだったり、仲間達だったりから、いつも絶妙なタイミングで勇気づけられるんです。

というわけで、これからこちらのブログで立場や役割、仮面にとらわれない私のままに書き綴っていきます。

どうぞよろしくお願い致します(*^_^*)

野原

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)