パンツが先か、心が先か

こんにちは。

アドラー×ゲシュタルトをベースに心の学びをお伝えする

“はたらく人の自己受容のためのサポーター” 上谷実礼です。

 

パンツが先か、心が先か

今日はパンツの話をしますw

ご縁あって、長野県は伊那谷を中心に活動する

伊那谷スタイルさん考案した『温楽楽』(うららと読みます)を

愛用するようになって早1年。

伊那谷スタイルさんは、

伊那谷の自然や生活の中で感じられる「らだ喜ぶ感覚」を

駒funを通じて発信しているNPOです。

 

ボディワーーでもある伊那谷スタイル代表の

金山明美さん(あけちゃん)は心の学びの仲間で、

最近、久しぶりに施術を受ける機会あったので、

『温楽楽』をご紹介しようと思い立ちました。

 

駒funとは体に優しいふんどし型パンツの愛称で、

愛用しているのはパンツタイプの『温楽楽』です。

デザインスタイリッシュなのはもちろん、

そけい部まったく圧迫されないので、

ホントに楽!!!

 

1年前に『温楽楽』に出会う前までは、

私も普通の?パンツを着用することになんの疑問も持っていませんでした。

けれど、あけちゃんら紹介してもらって

「せっくだら試してみる!」ぐらいの

軽い気持ちで使い始めた『温楽楽』を着用してみて

下着によっていに自分締め付けられていた、ということ

よーく分りました。

 

とにくそけい部楽!

特に、コロナでPCの前に座っている時間増えた今、

そけい部締め付けられず、

血液やリンパの流れ妨げられていないことの

ありたみを感じます。

今となっては『温楽楽』以外は受付けない体になりw

もう昔のような体を締め付ける下着には戻れません☆

 

心と体はつなっています。

これだけ締め付けられていたということは、

おそらく同じぐらい心にも

ガッチリと枠はめられていたのでしょうね…。

私自身は下着心に及ぼす影響なんて

露ほども気にしていませんでした…。

 

この記事を書いていて、

人生最大に生きづらく、

あちこち迷走していた20代の頃は

某社の補整下着を使っていたことを思い出しました…。

 

超スリムだった学生時代ら、

臨床の激務とストレスによる暴飲暴食で体重激増し、

過食嘔吐をしていた頃で、

そういう自分イヤで

ガチガチのコルセットを身につけて

お腹を締め付けるガードルをはいて。

 

たくさんの「べきねば」で

体も心も縛り付けていたのでしょうねぇ。

我なら、必死で生きていたんだなぁ。

 

この記事のタイトルのように、

パンツ、心」で、

心を緩ませるためにも

らのアプローチは有効です。

 

この1年間で

私はとーっても緩みました。

心も体もリラックスして、

力を抜いて生きていけるようになりました。

 

これだけ変化したのは

下着の影響も大きいと思うんだよねー。

4~5年前の私だったら

パンツ”の話は書けなったと思います。

恥ずしいと、人らどう思われる、と…。

まさに補整下着的発想w

自分気持ちいいな、快適だな、と

感じることを大切にできるようになると、

らどう思われるは気にならなくなります^_^

 

1年前のあの日、

あけちゃんらご紹介を受けて、

「せっくオススメされたら試してみる

と『温楽楽』を試してみることにした

自分の好奇心と行動力に感謝です♡

伊那谷スタイルさんのFacebookページ

 

今日もゴキゲンな一日を♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)