誠実であること

ウエタニミレイです。

最近、ずっと「自分を統合する」ということについて考えています。

私には長らく自分の中が分裂しているような感覚がありました。

本当の自分が望んでいること、
考えていること、
感じていること、
行動していることが
バラバラになっているような感覚です。

ずいぶんと時間を掛けて、
少しずつ自分を統合する作業を続けてきて、
何度か生き方の軌道修正もしていたのですが、
ごく最近までこの感覚がしこりのように残っていました。

そして、それに気づきたくない自分もいて、
一生懸命、見ないようにすることにエネルギーを使っていました。

けれどもその努力がもう限界!と感じるタイミングがあり、
目の前が真っ暗になって文字通り倒れました。

そのような状態にまで至り、
見ないようにする努力はもうムリなのだ、とハッキリと自覚してから
不思議なほどに人や本とのありがたいご縁があり、
バラバラだった自分が最終的に統合していくような
しこりが消えていくような感覚を得ています。

まだ詳しくは書きたくないのですが、
その感覚は本当に心地よく、
この感覚がいままで私が探し求めていた
「しあわせ」なんだ、と感じました。

……というような気づき、バラバラな自分を統合することがしあわせであるということ、
統合って英語でIntegrationだよね? 積分にインテグラって出て来たけれど
積分って統合するって意味だったんだね~なんて
超理系な夫に思いつくままにベラベラとしゃべっていたら、
「Integrityはマネジメントに求められる資質だとドラッカーが言っている」と夫からの一言。

それを聞いて一瞬、
「え? ドラッカー?」と戸惑いましたが、
(“もしドラ”すらも読んでいないミレイさん…)
その後に一気に理解できたことがありました。

Integrity つまり誠実であること、
(真摯であることという訳もありますが、私は誠実であるという方が好きです)
統合する Integration の語源は、
「完全な」を意味するラテン語の integer
です。

私は自分を統合することがしあわせなのだと感じたのですが、
そのためには、誠実であることが不可欠なのです。

他者に対して誠実であるのと同じぐらい、
自分に対して誠実であること。

それがしあわせを感じる秘訣であり、
マネジメント、リーダーに必要な資質である。
マネジメント、リーダーには自分に誠実であること、
しあわせを感じられることが求められるのではないか、と。

ドラッカーさんは恐らくそこまで考えていたのではないかと思うのです。

ここまで一気に理解できたときに、
私はこの道を進もう、
自分だけは自分を裏切らないでいよう、
何があっても自分に誠実でいようと、
深く心に決めました。

と言われても、意味がよく分からないと思うのですが、
自分のために書いている日記なので、
好きなように書いていくことも決めました。

このブログにご縁があって
最後まで読んでくださったあなたに感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)