メルマガ☆1周年記念企画!

こんにちは。

アドラー×ゲシュタルトをベースに心の学びをお伝えする

“はたらく人の自己受容と自己理解のためのサポーター” 上谷実礼です。

メルマガ☆1周年記念企画!

先日来、お伝えしておりますように、メルマガを始めて今日で1年になります!

ドンドンドンドンドンドン! パフパフパフ!←古いw

最初の投稿にはこんなことを書いていたようです。

引用ここから

↓ ↓ ↓

大型連休に入り、関東地方は毎日いいお天気が続いています。

皆さんは、どのようなSTAY HOME WEEKを過ごしておられますでしょうか?

休めないお仕事をされている方もいらっしゃると思います。

医療の現場をはじめとして社会のために最前線で働く皆さまに感謝申し上げます。

**

昨日、メルマガ始めます告知をさせていただきましたが、

一気にたくさんの方から登録していただき、ちょっとドキドキしていますw

「きゃ~、どうしよう! ついに始まっちゃったよ~」みたいな気持ちですw

普段からよく交流している方も急に告知メールを送らせていただいた方も、

メルマガ【自分らしく生きるレッスン】にご登録いただきましてありがとうございました!!

ずいぶん前からメルマガを始めたいと思ってはいたのですが、

やっと一歩を踏み出すことができました。

つい数年前の私だったら、

私にはまだ準備が整っていないからメルマガなんてムリ…

メルマガなんて始めちゃって三日坊主にならないかな…

本を書いている人なのに、ミレイ先生って意外と文章が面白くないと思われたらどうしよう…(笑

などなど、いくつもの言い訳や他者評価にとらわれて、

メルマガを始めたいと思いながらウジウジと立ちすくんでいたかもしれません。

講座や研修で「私も若い頃は感情のアップダウンが激しすぎるし、

大きすぎる承認欲求と過剰すぎる自意識が満載で、本当に生きづらかったのですよ~」なんて話すと、

「え~! 先生でもそうなのですか!? 最初から完璧な人だと思っていました」と

言われることもありますが、完璧なんてとんでもない!

このメルマガでは私が自分自身のために学び、

アドラー心理学で言う“不完全である勇気”を身につけ、

少しずつ自分らしく生きられるようになっていったプロセスで気づいたこと、

また普段の産業医や心理カウンセラーの活動の中で気づいたこと、

いただいた質問への回答(最近も産業保健師さんから「上司が理不尽なことを言ってきます!

ミレイさんだったらどんな風に対応しますか?」とご相談を受けました)

などなどをお伝えしていきますね。

**

システムに慣れるまではメルマガのレイアウトなどおかしい時があるかもしれませんが、

ミレイ先生は“不完全である勇気”を発揮しているのだな、とあたたく見守っていただけると嬉しいです(*^_^*)

まずはご挨拶まで…。

次回以降、本格的に書いていきますので、お楽しみに!

↑ ↑ ↑

引用ここまで

緊張感が漂ってる~。懐かしいです~。

この1年、ご縁をいただいた皆さまに心より感謝申し上げますm(_ _)m

 

 

 

それでね、記念企画をどうしようかなって考えていたのですが、

昨日のブログにも書いたように、私はもっとカウンセリングやセラピーを受ける人が増えることが

自分自身が穏やかに自分の中心で生きていけるようになるだけでなく、

社会全体が健全になり、平和な世の中をつくっていくことにつながっていくと考えているんだよね。

一応、昨日のブログは今日の記事の伏線でしたw

 

特に産業医として仕事をしていると、「うつ病になるのは弱い人間だ」

「メンタル不調で休むことになるのは負け組だ」

周りからネガティブな評価をされるので産業医に相談したことは隠したい」

という発言を聞くことはいまだに日常茶飯事ですし、

カウンセリングを薦めても、「カウンセリングを受けなきゃいけないほど問題は感じていません!

という反応もよくいただきます。

 

でもね、皆さんは今の社会には全く問題がなくて、健全だと感じますか?

ひきこもり、孤独死、自殺…

見ないようにしているだけで、実は身近に起こっていることかもしれません。

それでは、このような状態になってしまう人は自分が弱くてダメな人で、

自己責任だから仕方ないのでしょうか?

現代を生きる私たちは将来への希望を感じながら

毎日をイキイキと生きられているでしょうか?

不健全な社会に適応できていることの方が不健全なのかもしれないなって思います。

 

 

まあまあ普通に生活しているし、経済的に困窮しているわけでもないし、

仕事も家庭もそこそこうまく回せている。

でも、何か病気やトラブルを抱えているわけでもないのに、

いつもなんとなくすっきりとした気分にならない、

腹の底から「自分はこれでいい」という安心感を感じられない、

なぜか心が晴れない、疲れが取れにくい…。

仕事を休むほどでもないし、医療機関を受診してもどこにも異常が見つからないし、

自分の気合いが足りないだけなのかな?などと一度でも感じたことがあるような人は

きっと少なくないと思います。

 

私はこんな人にこそ、一度、カウンセリングを受けて欲しいのです。

ごくごく普通の家庭で育ったように感じている人にも

生育環境の中で多かれ少なかれ傷を負い、痛みを感じています。

私たちひとりひとりの小さな傷が現在の悩みを引き起こしています

もちろん親は子どもを傷つけようと意図していたわけではありません。

でも、カウンセリングでも産業医面談でも色々とお話を伺っていくと

「今のあなたがこうなのは、あなたなりに懸命に生きてこられたということですよね」

「あなたが生き抜いてきた生育環境を考えると、今のあなたがこう感じるのも無理はありませんよね」

と感じざるを得ません。

 

今の社会が健全でないのは、社会を構成している私たち一人ひとりが

適切な養育を受けてこなかったことの証しにも思えます。

 

セラピーやカウンセリングを受けることを恥ずかしい、カッコ悪いと感じる人にこそ

一度、カウンセリングを受けて欲しいのです。

どんな業界でも一流のプロは、自分の心身のコンディションを保つために

専門家のサポートを受けています。

傷や痛みを感じるなら、手当てが必要です。

傷や痛みを見ないようして、ガマンをしていると、他の人に対しても

「自分もガマンしているのだからお前もガマンしろ」

自分だって見ないようにしているのだからお前の痛みなんてたいしたことない」

と言いたくなります。

何を隠そう、以前の私がそうでした。

自分の傷を見ようともせずに、悩んでいる人に

「私は苦しい生育環境を乗り越えてきた」「あなたにもできるよ」

無神経な励ましをすることもありました。

自分自身のあり方に問題を感じることなく、

周囲にガマンを強要したり、無神経に叱咤激励する方がカッコ悪いのです。

自分の人生のプロとして、しっかりと専門家のサポートを受けて

よりよい人生を生きようとする人の方がカッコいいと私は思います

 

 

…というわけで!

前置きが長くなったのですが、メルマガ1周年記念企画は、

もっとカウンセリングやセラピーを身近に感じてもらうために

これまでに一度もカウンセリングやセラピーを受けたことがない方限定」で

「ミレイ先生と30分話そう!@オンライン」コーナーにご招待したいと考えました!

とはいえ、あまりに希望者多数になってしまうとキャパオーバーしちゃうので

定員は3名とさせていただきます。

希望者多数の場合は抽選といたしますが、抽選の方法はまだ決めていません!

前回のようにあみだくじにはしないつもりですが、どんな方法にするかはちょっと考えます。

これまでに一度もカウンセリングやセラピーを受けたことがない、

ということは証明のしようがないと思うので、自己申告でOKです^_^

期限は一応、5月5日(水)19時までとします。

ご希望の方はこちらからどうぞ!

https://forms.gle/dPWfJ72vsjqr5MAN7

どなたからも応募がなかったらさみしいのでw、お気軽にご応募くださいね~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)