嫉妬しなくなったら人生がシンプルになった

こんにちは。

アドラー×ゲシュタルトをベースに心の学びをお伝えする

“はたらく人の自己受容のためのサポーター” 上谷実礼です。

嫉妬しなくなったら人生がシンプルになった

私は元来、とても嫉妬深いオンナですw
自分にはたくさんのものがあるにもかかわらず、
自分にないもの、欠けていると感じられることにばかり注目しては
ずいぶん長い間、心に浮かぶモヤモヤやザワザワに苦しむ人生を送ってきました。
講座や研修でも、自分が向き合ってきたネガティブな感情の中で、
一番最近まで苦しんで来たのは“嫉妬”の感情ですってことはよく話しています。
嫉妬ってやっかいな感情ですよね。
私の場合はとても身近な人、仲間や親友にも嫉妬を感じる瞬間が多々あって、
モヤモヤやザワザワが苦しかったな~。
でも、一般的にはネガティブな感情は感じない方がいいとされているじゃないですか。
特に“嫉妬”とか、カッコ悪いじゃないですか。
カッコ悪い感情はないことにして、寛大な自分ぶって、カッコよくいたいじゃないですか。
去年ぐらいまでは、そんな感じで私もがんばっていたんですよね。
ホントはめちゃくちゃ嫉妬心旺盛なのに、
嫉妬を感じるような相手でも、寛容な自分を演じてw、
がんばって仲良くしないといけないと思っていました。
めちゃくちゃ羨ましい~と思っていたんです!
アドラーを伝える仲間で、同じ医療者ですが、たくさん講座をして、たくさんのファンがいて、
私も教わってきた師匠とも共著で本を出して、三女のママで、かわいらしくて、
「いーなー」って、めちゃくちゃ嫉妬していました!!
でも、そんな風に人を羨ましがる自分はカッコ悪いとも思っているので、
がんばって一緒に何かしなきゃと思ってイベントを立ち上げようとしましたが、
そんな動機で動くときってうまくいかないんだよねぇ。
結局、お互いのタイミングが合わずに去年はイベントができず時は流れ…
私はパートナーシップとか仕事のことなどで
ひたすら黙々と自分と向き合う日々を過ごした結果、
いつの間にか、「これが自己受容って状態かも…」と感じられるようになってきて、
本当に底を抜けたような感覚を持てるようになって、
自分を受け入れられるようになり、自分のことが大好きになり、
気づいたら人と比べるとか、誰かに嫉妬を感じるというようなことがほとんどなくなっていました。
それで、他者に対してもごくごくフラットに関われるようになって、
何かをするにもがんばらなくてもよくなって、
ある日、思いつきでしずかちゃんに「去年できなかったイベントやろ~!」って気軽に声を掛けたら、
その後はトントン拍子に話が進んで、たいして準備もしてないのに
いつの間にか明後日に本番を迎えることになっておりますw
嫉妬しなくなると人生がシンプルになって人とフラットに関われるし、
がんばらなくなると、人生のスピードが加速度的に上がることを感!!
しかもね、今夜、これも思いつきでしずかちゃんと電話で事前の打ち合わせをしたのですが、
話していると「しずかちゃんのことが好きだ~」って気持ちが湧いてきました。
去年は嫉妬を感じていた相手だとは思えないぐらいでした^_^

トークライブの様子はこちらから見ることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)