クライアントに畏敬の念を抱く

こんにちは。

アドラー×ゲシュタルトをベースに心の学びをお伝えする

“はたらく人の自己受容と自己理解のためのサポーター” 上谷実礼です。

クライアントに畏敬の念を抱く

先日はお誕生日でした!

大好きな藤井風くんが新曲をデジタルリリースした日でもあり、

私への誕生日プレゼントかと思いましたw

年末の風くんLiveで「できたてほやほやの新曲です」と言って弾き語りをしてくれた“旅路”。

報道ステーションにも生出演しましたね♡

何人もの仲間たちから

「ミレイちゃんの好きな風くんが報道ステーションに出るよ!」と

連絡をもらったことも、とても嬉しかったです。

フルバージョンはやっぱり“藤井風風(ふじいかぜふう)”でw、

今年の春に旅立つ人たちの心に届くメッセージソングとなっていました。

皆さんもぜひお聴きになってみてくださいね^_^

 

−−

 

そして、誕生日プレゼントの第2弾は、

先月末に取材を受けていた働くママとパパを支える日経系のWEBマガジン「日経DUAL」の記事が公開されたこと!

有料会員記事ではあるのですが、メルマガ読者さんで有料会員になっている方がいるといいな~。

よかったら、読んでみてくださいね^_^

■「仕事ストレスで子どもに八つ当たり」防ぐには?
https://dual.nikkei.com/atcl/feature/19/022200065/022200002/

■子のストレスに親子間1on1 親は負の感情受け止めて
https://dual.nikkei.com/atcl/feature/19/022200065/022200003/

 

−−

 

さて一昨日、日曜日は、午後に精神科ドクターに交じって

アタッチメントやトラウマインフォームドケアのお勉強、

夜はタロットカードのお勉強をしていました。

この節操のない感じというか、縦横無尽な感じが

私の魅力でもあり、強みなんだと思います!

と、自分で言ってみるw

 

アタッチメントについては帝京大学教授の近藤清美先生から、

トラウマインフォームドケアについては業界では超有名な白川美也子先生から教わりました。

ポリヴェーガル理論のお話もありましたよ♪

白川先生のお話を聴講したくて申し込んだ研修会だったのですが、

アタッチメントがご専門の近藤先生のお話も大変勉強になりました~。

白川先生のお話はすべて印象に残ったのですが、

特に心が動かされたのは、クライアントがどんなに不適切に思えるような言動をしたとしても

クライアントの考えや行動がおかしい、とジャッジして直させようとするのではなく。

「あなたがそのように考えたり、行動したりすることにはもっともな理由があるに違いありません」

という姿勢で関わることによって、クライアントの緊張が緩んでラポールが形成される、というお話でした。

私も患者さんやカウンセリングのクライアントには

「(仮に選択してきた生き方が不適切に思えたとしても)よくここまで生き延びてこられましたね」

という畏敬の念を持って関わるようにしています。

関わるようにしている、というよりも、自然と畏敬の念が湧いてきます。

そうしたら「あなたのやり方は間違っていて、こうした方がいいですよ」なんて、絶対に言えなくなります。

 

 

少し話が飛びますが、だからこそ保健指導でも「あなたの生活習慣は間違っているから、

こうした方がいいです。正しい生活習慣に直しなさい」なんてとても言えないし、

行動変容がゴールだと考えることに憤りすら覚えるのです。

そんな思いで書いたのがこの本です。

どんな人でも、その人なりに懸命に生きているんだよね。

人生で抱えるストレスに対処するために、

自己治療的に、コーピングとして選択した生活習慣が結果として健康を害するものであったとしても、

なんとか生き延びるためには致し方ないことだったかもしれないのです。

そして、私が考える人生で最大のストレスは

「自分として生きられないこと」「自分を生きられないこと」「自己否定しながら生きること」です。

そんな思いから、私は自己受容と自己理解のための各種活動をしています。

 

 

だからね、仮に「医学的に見て」検査データや生活習慣が悪いように思えたとしても、

心から伝えたいことは「よく今日まで生き延びてこられましたね」

「あなたなりに懸命に生きてこられましたよね」

「今日という日に私に出会ってくれてありがとう」ということなんです。

 

 

私も若かりし頃は、生きるためのコーピングとして、

食べ吐きや色んなものへの依存をしていた時代がありました。

以前にもこんな内容のブログを書いたな~と思って探していたら、

若かりし頃どころか、つい4~5年前までアルコールとの付き合いにはなかなか困難を極めていたようでした…。

自分でもこんな時代があったことを忘れているぐらい、

今でもお酒は好きですが、距離感はずいぶんと健全になった気がします。

https://blog.humanhappiness.co.jp/2018/10/04/stress_lose_myself/

 

 

クライアントに畏敬の念を抱くと同時に

自分に対しても伝えてあげたいね。

「よく今日まで生き延びてきたね!」

そして、メルマガやブログを読んでくださっているあなたにも伝えたいです。

「今日という日に私に出会ってくれてありがとう!」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)