「ありがたい」の反対は「あたりまえ」

こんにちは。

アドラー×ゲシュタルトをベースに心の学びをお伝えする

“はたらく人の自己受容と自己理解のためのサポーター” 上谷実礼です。

「ありがたい」の反対は「あたりまえ」

またまた久しぶりになっておりますブログです(汗

今月中旬まで予定がビッチリ、しかも今週は4時間の企業研修×3日間!

そんな状況ではあるのですが、隙間時間で動画作成に集中しています。

と言うのも、今年、小学校を卒業するうちの長男くん達の学年は

修学旅行にも行けず、数々の行事は縮小版になり…という1年でしたので

有志のママ達で卒業記念に思い出スライドショーを作ろうということになったのです。

言い出しっぺは別のママだったのですが、日常的にパワポを使っているのが私だけだったので、

流れで「じゃあ、私が作るよ!」ということになり。

入学式の頃からの写真をママ達で協力して集めて作っているのですが、

子ども達の笑顔と成長ぶりを見ているとあまりに感動して

自分が作ったスライドショーを見ながら号泣…。

BGMに選んだ ゆずの「友~旅立ちの時」がピッタリなんですよ…。

 

 

ついさっきまで動画を作っていたのですが、

今日は“あの日”から10年なので日付が変わる前にブログを書きたいと思いました。

 

10年前、卒業する子ども達が2歳だったころです。

スライドショーを見ていると、みんな本当にかわいくて、

大切に育てられているお子さん達なんだろうと思えて、

うちの子にもよその子にも「この10年間で、大きくなったね」

「元気でいてくれるだけでいいよ」「ありがとう」という気持ちが涙とともにあふれ出てきます。

縁あって親子になって、今生で色んな経験を一緒にできていることを奇跡のように感じます

元気に育っていてくれることはあたりまえのことではなく、

ありがたいことなんだと3月11日に子ども達の写真を見ていて深く深く思います。

 

 

きっと今日はそんな思いで過ごした方も多かったのではないかと思います。

3月11日という日に、気の利いたようなことは何も言えないのですが、

平穏な明日はあたりまえではないことを噛み締め、今日という日、

この瞬間瞬間を大切に過ごしていきたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)