迷走しないための瞑想

企業研修でもマインドフルネスが一般的になったなと感じます。

私の企業研修でも瞑想の時間を取ることが増えて来ました。

私たちの脳が特別な活動をせず、ぼんやりとした安静状態のときを、

「デフォルト・モード」と呼びます。

不思議なことに、頭がボーッとした安静状態、すなわちデフォルト・モードの時の方が

意識的に活動をしている時よりも消費エネルギーが多いことが知られています。

ボーッとしている方がエネルギーを消費するなんて、

チコちゃんに叱られそうですよね。(←古い?笑)

 

 

特に何にも意識を向けていない状態、頭がボーッとした状態の時、脳は一体、どうなっているのでしょうか?

いわゆる雑念、想像、空想など、「今ここ」には関係のないことに意識はさまよい続け、

この状態はマインドフルネスの反対、マインドワンダリング(マインドの迷走)と呼ばれます。

意識しないと私たちの一日の約半分ぐらいの時間は、マインドワンダリングの状態になるそうです。

ボーッとしていると意識は迷走するんですね。

お知らせ
◆月例勉強会『自分を生きるレッスン』
●10月度☆月例勉強会@東銀座
10月23日(土)10時~17時&10月24日(日)10時~17時
ゲシュタルト療法を日本に広めた第一人者 百武正嗣氏によるスペシャルワークショップ

詳細とお申込みはこちらから


●11月度☆月例勉強会@ZOOM 11月20日(土)13時半~16時半『人を育てる』

詳細とお申込みはこちらから

   
●12月度☆月例勉強会@ZOOM 12月19日(日)13時半~16時半『心理学の歴史』

詳細とお申込みはこちらから


◆スペシャルイベント『湯河原ワークショップ』
11月5日(金)~11月7日(日)@湯河原 ご縁の杜
自分の本質とつながり、風の時代を軽やかに生きたい人のためのワークショップ

詳細とお申込みはこちらから

意識を集中した方が脳は疲れない

マインドフルネスとは、「今ここ」に意識を100%集中して、

自分の中に起きていることにただ気づき、

それらを分析や評価することなしに、

ありのままに観察する、眺める意識状態のことです。

マインドワンダリングとは反対の状態です。

何か外界の対象にハッキリと意識を向けている時の方が、脳の消費エネルギーは少なくなりますので、

マインドフルネス(つまり呼吸をはじめとする対象に意識を向けている状態)状態を作る、

瞑想を行うと脳の疲労が取れたような、脳がスッキリしたような感覚になるんですね。

ビジネスパーソンの疲れは脳の疲れ

マインドフルネスと集中力や脳の疲労などについては、

最近ではたくさん書籍も出版されていますが、

実際にはまだまだ瞑想、マインドフルネスのことをご存知ないビジネスパーソンは多いです。

ビジネスパーソンが感じる疲れは体の疲れというよりは

脳の疲れであることがほとんどです。

 

10年前だったら、企業研修で瞑想をしようものなら、

ティンシャなんて鳴らそうものなら「この先生、変な先生」とか「宗教!?」という反応をされたかもしれませんが、

研修の中で瞑想をして「疲れが取れた感じがする」と喜ばれるようになったのは

時代が変わったなぁと感じます。

これからもどんどん企業研修で瞑想をご紹介していきます^_^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)