問題の中にリソースがある

こんにちは。

アドラー×ゲシュタルトをベースに心の学びをお伝えする

“はたらく人の自己受容のためのサポーター” 上谷実礼です。

 

問題の中にリソースがある

多くのカウンセリングやセラピーが目指すところは

クライアントがセルフサポートできるようになることだろうと思います。

セルフヘルプと言ってもいいかもしれません。

 

「こうしたらいいよ」「こんな風にすべきだよ」と

外からリソースを与えるのではなく、

やたらとポジティブにリフレーミングしようとするのでもなく、

クライアントが持つ内なるリソースを大切にして、

クライアントみずからがリソースに気づいていけるように

サポートするのがカウンセラーやセラピストのスタンスです。

 

そして大切なことは、

リソースは

その人の問題の中に、

症状の中に、

欠けていると感じているものの中に、

嘆きや痛みの中に、

その人がダメだと思い込んでいるものの中に

込められていることが多いということです。

 

「これはその人のいい面だよね」

「こっちはその人の悪い面だよね」

と、カウンセラーやセラピストの主観で分けないこと。

「問題」という言葉を「能力」という表現に変えてみると、

それだけの状況を乗り越えてきた、

その人の力が浮かび上がってくるのだと思います。

 

今日もゴキゲンな一日を♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)