勇気づけ保健指導をお伝えしました@新潟オンライン

こんにちは。

アドラー×ゲシュタルトをベースに心の学びをお伝えする

“はたらく人の自己受容と自己理解のためのサポーター” 上谷実礼です。

健保連新潟産業保健師看護師連絡協議会様にアドラー流勇気づけ保健指導をお伝えしました!

 

ご縁をいただきまして、健保連新潟産業保健師看護師連絡協議会所属の看護職の皆様に

オンラインでアドラー流勇気づけ保健指導をお伝えしました。

 

私たちは人生の究極目標として、

居場所と仲間、すなわちつながりを求めています。

 

アドラー流勇気づけ保健指導は、相談者の行動変容をゴールにしません。

では、どこを目指すの!?というと、支援者が相談者を勇気づけられるようになること

つまり、支援者との間につながりを感じれられるように関わることをゴールとします。

 

とは言え「相談者を勇気づけよう」と意気込んで行うと

押しつけがましくてイヤな感じになりますので、

では、具体的にどのような関わりをすると勇気づけになるのか、ということをお伝えさせていただきました。

 

ZOOMでの研修は初めてだったとのことですが、

私はZOOM研修に慣れていますので、そのようなご依頼にも不安なく対応させていただけます!

今回は会場とオンライン数カ所でのハイブリッド研修でしたが

特に大きな問題もなく3時間の研修をさせていただけました。

おかげさまで大変好評で、シェアリングタイムも活発にお話ししてくださっていました。

 

2回シリーズでご依頼いただきまして、次回は9月の予定です。

私も次回を楽しみにしていますね^_^

 

 

 

 

 

☆ミレイ先生LINEスタンプ☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)